徳島県医師会 トップページへ

  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ拡大
文字サイズ変更について
県民の皆さまへ

徳島県小児科医会 日浦恭一

 子どもの熱傷は比較的軽いものが多いと言われますが、重症の熱傷は生命に関わることがあります。熱傷の重症度はその面積と深さによって決まります。


徳島県小児科医会 日浦恭一

 アレルギー疾患の子どもが増えていると言われます。学童以降で1~2%、乳幼児では5~10%に食物アレルギーがあると言われます。今月は食物アレルギーについて考えてみました。


徳島県小児科医会 日浦恭一

 食物アレルギーの治療の基本は原因食物の摂取制限です。特に即時型のアレルギーでは厳密な除去を行う必要があります。従って正しい治療を行うためには原因食物を正確に特定しておかなければなりません。


徳島県小児科医会 日浦恭一

 食物アレルギーの中には生命に危険の及ぶアナフィラキシーを呈するものがあります。この原因食物を決定するためにアレルギー検査が行われます。一般によく行われる検査の中に特異的IgE抗体があります。食物アレルギーやアトピー性皮膚炎、気管支喘息などでよく行われる検査です。


徳島県小児科医会 日浦恭一

 アレルギー疾患の子どもが増えていると言われます。学童以降で1~2%、乳幼児では5~10%に食物アレルギーがあると言われます。今月は食物アレルギーについて考えてみました。


  • 感染症について
  • 研修医募集のお知らせ
  • 広報出版物
  • 東日本大震災に関する情報
  • 徳島県医師会は混合診療解禁に反対です
© TOKUSHIMA MEDICAL ASSOCIATION.