徳島県医師会 トップページへ

  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ拡大
文字サイズ変更について
県民の皆さまへ

徳島県小児科医会 日浦恭一

 予防接種の副反応にはアレルギーを介して起こるものが見られます。ワクチンの成分にはアレルギーの原因になる物質が含まれています。安定剤としてゼラチン、防腐剤としてチメロサール、アルミニウム、フェノルキシエタノール、抗菌剤としてカナマイシン、ストレプトマイシン、エリスロマイシンなどがあります。


徳島県小児科医会 日浦恭一

 予防接種の副作用が心配でワクチンの接種を怖がる方があります。もともと予防接種は重症で治療法のない感染症を予防するためのものですから、その副反応をよく知った上で予防接種を受けることが大切です。今月は予防接種の副反応について考えてみました。


徳島県小児科医会 日浦恭一

 朝ごはん食べずに学校に来る子どもたちの体内はブドウ糖不足の状態になっています。ブドウ糖不足は学習能力や運動能力の低下を引き起こします。不足したブドウ糖を補うために筋肉組織が壊れて食欲中枢が刺激されると非常にキレ易い状態になっていることが窺われます。


徳島県小児科医会 日浦恭一

 朝ごはんを食べない子どもが増えています。朝ごはんで摂取する栄養が不足すると、学業成績や体力の低下につながります。


 

徳島県小児科医会 日浦恭一

 最近、朝ごはんを食べずに登校する子どもが増えていると言われます。朝ごはんは昼間の活動を支えるエネルギー源です。今月は朝ごはんの大切さについて考えてみました。


  • 感染症について
  • 研修医募集のお知らせ
  • 広報出版物
  • 東日本大震災に関する情報
  • 徳島県医師会は混合診療解禁に反対です
© TOKUSHIMA MEDICAL ASSOCIATION.