徳島県医師会 トップページへ

  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ拡大
文字サイズ変更について
県民の皆さまへ

徳島県小児科医会 日浦恭一

 ロタウイルスのワクチンが昨年11月に発売されました。すでに接種した人も居るかも知れません。ロタウイルスワクチンは接種時期が生後6週から24週までと厳密に限られています。これを過ぎると副反応が強くなる可能性があるからです。このワクチンを接種するには赤ちゃんが生まれたら早い時期に準備をしておく必要があります。


徳島県小児科医会 日浦恭一

 旅行は日常生活ではできない貴重な体験ができるとても楽しいものです。しかし体力や抵抗力のない乳幼児が住みなれた家庭の外に出ることで身体に大きな影響を受けることがあります。とくに慢性疾患を持つ子どもや急性疾患の病気直後では注意が要ります。


徳島県小児科医会 日浦恭一

 子ども連れの旅行は大変ですが、日常生活と異なることを経験することで親子にとって、とても楽しい思い出となります。子ども連れの旅行では交通手段の選択が問題です。


徳島県小児科医会 日浦恭一

 交通手段の発達によって子ども連れの旅行が手軽にできるようになりました。年末年始には子ども連れでの里帰りや家族連れの旅行も増えてきます。里帰りで出産をした人も帰る時には赤ちゃん連れの旅行となります。今月は子どもの旅行について考えてみました。


徳島県小児科医会 日浦恭一

 予防接種の副反応の中で最も重篤なものがアナフィラキシーと呼ばれるものです。アナフィラキシーは即時型アレルギーの代表で、その症状はワクチン接種後比較的早い時期に見られます。症状の出現が早ければ早いほど重症です。したがってワクチン接種後30分程度はその接種場所に居ることやすぐに受診できる場所に居るように指導されています。


  • 感染症について
  • 研修医募集のお知らせ
  • 広報出版物
  • 東日本大震災に関する情報
  • 徳島県医師会は混合診療解禁に反対です
© TOKUSHIMA MEDICAL ASSOCIATION.