徳島県医師会 トップページへ

  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ拡大
文字サイズ変更について
県民の皆さまへ

痛みなく放置 次第に大きく

【質問】68歳の主婦です。3年前に口の中に小豆大のできものができました。上顎の中心部にあります。痛みは全くないので放置しています。現在は少し大きくなり、大豆ぐらいです。気になります。切除したほうがいいですか。治療方法を教えてください。

 

阿南共栄病院耳鼻咽喉科  阿河誠治 先生

視診・触診で切除を判断

【答え】口内で上顎の中心部は硬口蓋(こうこうがい)と言います。硬口蓋のできものには▽口蓋隆起▽入れ歯の刺激による炎症性肉芽(にくげ)▽多型腺腫や乳頭腫などの良性腫瘍▽口蓋がんなどの悪性腫瘍―があります。

 口蓋隆起は骨の増殖による隆起で、硬口蓋の中央付近にできます。年を取るにつれて現れることがあり、少しずつ大きくなります。発話や入れ歯の装着に支障がなければ特に治療の必要はありません。隆起が大きくなり、生活に支障があれば切除することがあります。

 炎症性肉芽は入れ歯などの刺激や細菌の感染で生じます。腫れが強くなったり、痛みや出血を伴ったりする場合は刺激の原因を取り除き、抗生剤で治療します。

 硬口蓋の腫瘍は多型腺腫という良性腫瘍が最も多いです。その他は▽乳頭腫▽血管腫▽神経鞘腫(しょうしゅ)―などの良性腫瘍があります。

 注意点は悪性腫瘍がまれにあることです。悪性腫瘍にはいくつかの種類があります。表面に出血を伴いやすい粘膜上皮のがんや表面が平滑な腺がんなどです。

 できものはまず視診と触診で診断します。さらに、必要に応じてレントゲンやコンピューター断層撮影装置(CT)、磁気共鳴画像装置(MRI)で検査します。触診や画像検査で診断が難しい場合は一部を切除して組織検査します。

 診察や検査の結果で腫瘍が疑われるときの根本的な治療は主に外科的な切除です。腫瘍が小さければ局所麻酔での切除が可能です。

 質問はできものが大きくなってきたことが心配のようです。近くの耳鼻咽喉科を受診して医師に相談してください。

0414

 

  • 感染症について
  • 研修医募集のお知らせ
  • 広報出版物
  • 東日本大震災に関する情報
  • 徳島県医師会は混合診療解禁に反対です
  • 徳島県医師会公益通報窓口について
  • 健康事業所宣言をし、認定を受けました。
© TOKUSHIMA MEDICAL ASSOCIATION.