徳島県医師会 トップページへ

  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ拡大
文字サイズ変更について
広報出版物

 子どもの健康な成長を願う親にとって、子どもの病気やけがは気がかりなものです。
 熱を出したり、下痢をしたり、食べ物を吐いたり、けいれん・ひきつけを起こしたりなどいつもと違うことがあると、お父さんやお母さんは心配のあまり「わぁ、大変、どうしよう。」とあわててしまうことがあります。特に初めての育児では不安になるのは当たり 前です。
 そこで、子どもによくある病気などの家庭における対処方法や、医療機関を受診する際のポイントをガイドブックにまとめました。
 夜間や休日などの診療時間外に医療機関を受診するかどうか、判断の目安を示しています。保護者の方は、このガイドブックを参考に、今すぐ救急医療機関にかかるべきかどうかをご判断ください。
 このガイドブックは、生後1か月~6歳くらいまでのお子さんを想定して作成しています。

  • 感染症について
  • 研修医募集のお知らせ
  • 広報出版物
  • 東日本大震災に関する情報
  • 徳島県医師会は混合診療解禁に反対です
© TOKUSHIMA MEDICAL ASSOCIATION.