徳島県医師会 トップページへ

  • 文字サイズ標準
  • 文字サイズ拡大
文字サイズ変更について
東日本大震災に関する情報

里見 悠(徳島県医師会事務局職員)

 平成23年5月18日(水)から22日(日)まで徳島県の医療分野の被災地支援チーム第22班が、東日本大震災で被災した宮城県石巻市万石浦中学校へ向け出発した。



 第22班のメンバーは大塚内科の大塚明廣医師、木下病院の橋本吉弘医師、山口明子看護師、松林俊典看護師、徳島県の佐々木滋薬剤師、鳴門山上病院の上地敦夫理学療法士、麻植協同病院の大西須見子災害支援ナース、宇田裕岐災害支援ナースと徳島県医師会事務局の里見であった。

 18日(水)の出発に先立ち、徳島県庁で壮行式が行われ、橋本吉弘医師が「被災者のために力を合わせて頑張りたい」と述べた。

東日本大震災里見写真1
壮行式(徳島県庁)

 19日(木)の初日は、手順や業務内容が十分に把握できず、戸惑いも多い状況であった。被災地の状況としては、東日本大震災発生当初、万石浦中学校体育館に1,000人以上いたとされる避難者は、2ヶ月余り経過した現在、140人程度に減少していた。

 また、万石浦中学校の保健室に設置された診療所には、避難所内外から、毎日15名程度の患者が受診しており、高血圧やストレスを訴える患者が多かった。しかし、晴れた日には粉塵が舞うため、咽頭痛や呼吸器症状を訴える患者が多く見られた。

 薬剤に関しては、近隣の石巻調剤薬局とイオンスーパー石巻東店が院外処方に対応していた。

 20日(金)には大塚医師は避難所(万石浦中学校体育館)へ訪問した。音楽療法や運動療法の一環として、被災者の方(家族単位)にストレッチなどを指導し、身体を動かすことの大切さを伝え、大変好評であった。

 また、万石浦中学校避難所の支援物資も不足しているものが多くあり、特に食料面に関しては、朝おにぎり1個、昼パン1個、夕方にお弁当などが配られるだけであった。電子レンジもなく、毎日冷めているお弁当を食べていた。栄養面の片寄りも考えられ、翌21日(土)にはNPO法人「つなプロ・安曇野ボランティアクラブ」が来所し、炊き出しやマッサージ、血糖測定などを行ってくれた。また、配布状況にも衛生面での問題が考えられる状況であった。

 万石浦中学校から車で15分ほど離れた女川地区では、津波の被害でほとんどの建物が崩壊し、道路脇にもまだがれきの山が残っていた。電気等も復旧していない。地盤沈下のため満潮時刻になると大潮と重なり、至る所で道路が冠水し、多いところでは膝まで水位が上がることもあった。
東日本大震災里見写真2
女川地区

東日本大震災里見写真3
石巻市内(地盤沈下のため冠水)

 万石浦中学校周辺では、仮設住宅も建築され復興の兆しが見えているが、避難者全員が住むにはまだまだ時間がかかる状態である。
東日本大震災里見写真4
万石浦公園の仮設住宅

 仕事も失い不自由な生活を続けなければいけない人は多く、そのためにも少しでも早く復旧することを願いたい。

医療救護班第22班のタイムスケジュール
◆5月18日(水)
 8時30分 徳島県庁にて鎌村先生、三村先生から事前説明会
 9時00分 壮行式(県庁正面玄関ホール)
 9時15分 徳島県庁出発
11時30分 徳島空港発~12時40分羽田空港着(各自で昼食)
14時15分 羽田空港発~15時15分庄内空港着
20時15分 宮城県庁にて前班との引き継ぎミーティング
21時50分 終了
22時00分 解散

◆5月19日(木)
 7時05分 仙台市発
 9時15分 石巻赤十字病院着(メンバー登録を行い必要資料の最新版が配布され、担当者からオリエンテーションを受ける)
10時25分 石巻赤十字病院発
11時20分 万石浦中学校着
12時00分 診療開始
16時00分 診療終了(避難所138名、患者19名:男8名、女11名)
16時20分 万石浦中学校発
16時45分 石巻市医師会着(石巻市医師会へ情報収集のため訪問。大塚明廣先生と舛眞一先生(石巻市医師会長)久門俊勝先生(石巻市医師会副会長)と新妻博氏(石巻市医師会事務局長)との4名で話し合いを行なった。他のメンバーは本日の診療報告のため石巻赤十字病院へ。)
18時30分 石巻市医師会発
20時15分 仙台市着

◆5月20日(金)
 7時05分 仙台市発
 9時45分 万石浦中学校着
10時00分 診療開始
15時40分 四国放送取材
15時45分 大塚医師が避難所の方と音楽療法・運動療法を行う
16時00分 診療終了(避難所137名、患者17名:男7名、女10名)
17時50分 石巻赤十字病院着
18時20分 石巻赤十字病院発
20時15分 仙台市着

◆5月21日(土)
 7時05分 仙台市発
 9時20分 万石浦中学校着(途中石巻港へ)
 9時45分 診療開始
13時15分 女川地区へ(大塚先生・山口看護師・里見)
15時30分 診療終了(避難所137名、患者8名:男2名、女6名)
18時00分 仙台市着(次班との引き継ぎを予定していたが、天候不良のため到着が遅れ翌日に変更)

◆5月22日(日)
 7時00分 ホテルにて次班との引き継ぎミーティング
 8時00分 終了
11時45分 バスで庄内空港へ
14時40分 庄内空港着
16時05分 庄内空港発~17時10分 羽田空港着
19時20分 羽田空港発~20時40分 徳島空港着
21時15分 徳島県庁着
21時30分 解散

  • 感染症について
  • 研修医募集のお知らせ
  • 広報出版物
  • 東日本大震災に関する情報
  • 徳島県医師会は混合診療解禁に反対です
© TOKUSHIMA MEDICAL ASSOCIATION.